濱田窯について

濱田窯 工房
濱田窯 工房
濱田庄司
濱田庄司

濱田窯(はまだがま),Hamada-Pottery

 

濱田窯は、栃木県益子町にある益子焼の窯元です。その歴史は、陶芸家濱田庄司が益子で作陶を始め、この地に窯を築いたことから始まります。

 

1978年庄司が没した後も息子の晋作、孫の友緒が引き継ぎ、庄司の頃からの技法を守りつつ現在も炎を絶やさず作り続けています。

 

濱田窯では、濱田晋作と濱田友緒親子の陶芸家としての仕事と、職人による「窯もの」と呼ばれる普段使いの器を、登り窯と塩窯、赤絵窯、ガス窯を使い製作しています。

 

濱田窯の作品は作家、又は職人の手によって一つ一つ作られており、さらに登り窯などで自然の風合いが加わることによって、同じ作品でも趣の違いをお楽しみいただけます。お客様には実際に手にとっていただき、ご満足されたものをお使いいただきたいと思います。

 

窯元には店舗はございません。各地の取り扱い店でお求めいただけます。詳しくは取り扱い店のページをご覧ください。

記念品等や大口のご注文も承っております。お気軽にメールやお電話にてお問い合せ下さいませ。

 

 

 

濱田晋作 
濱田晋作 
濱田友緒 
濱田友緒